2005年11月12日

方眼紙が欲しいと思ったら

学生時代、実験の必須アイテムだった方眼紙。
一冊50枚綴りだったりするわけですが、
普通の1mm方眼に対数方眼に・・・・と数枚しか使わない方眼紙を何種類も買うのは何とも無駄でした。持ち歩くのも大変です。

そこで便利なのが、「方眼紙プリントサイト」です。
今回は2つご紹介します。

Print Free Graph Paper
Free Online Graph Paper / Grid Paper PDFs

「Print Free Graph Paper」の方は、理工系の学生が使うとよさそうです。
「Free Online Graph Paper / Grid Paper PDFs」の方は、学生といわず社会人の方でも便利に使えそうです。
私は仕事柄、画面の設計をしたり、フローチャートを書いたりしますが、ドキュメントとして正式なものを作るときは、当然PCで作図をするわけです。
しかし、構想段階では白紙の紙にグチャグチャと書いて試行錯誤するのです。
こんなとき「方眼紙があればなあ」と思うことがたまにあります。
そんな人にはぴったりかもしれません。

ちなみに方眼紙ではありませんが、ミュージシャンには
BLANK SHEET MUSIC
がお勧めです。
あらゆるタイプの5線紙やTAB譜を作ってプリントアウトできます。
posted by Mr.M at 06:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | LifeHack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

秀丸でメモ取り環境『howm』を使う

☆Ver0.5をリリースしました。(2005/12/01)こちらをご覧ください>>>秀丸用howmマクロ Ver.0.5

Windowsユーザーにとってhowmをどのエディタで使うかは悩ましい問題です。
正当派な人はMeadow+howmでしょう。
ちょっと気が弱い人はxyzzy+howmかもしれません。
ちょい不良オヤジはvi+howmでしょうか。

私はMeadow+howmで使っていました。しかし、Meadowを標準エディタとして使っていた
わけではなかったのです。
理由はなんといっても、その重さ。
ちょっとしたテキストを書くのにMeadowを立ち上げるのはとても億劫になります。
しかしながら、howmは使い慣れるとどうしても手放せなくなるので、仕方なく
Meadowを使っていました。(起動しっぱなしで)

ところで、howmは使ったことのある人ならほとんどの人が賞賛するようですが、
まわりのWindowsユーザーを見渡したところ、howmを知っている人は皆無です。
これほど素晴らしいメモ取り環境の認知度がこれほど低いのは、emacsのマクロとして
動作するという宿命によるものでしょう。

そこで、一般的なWindowsユーザーが最も多く利用しているであろう、「秀丸」のマクロ
として提供すれば、大勢の人が便利に使えるのではないか?それよりも、私自身がとても
幸せになれるのではないか?と考えて秀丸マクロhowmを作ってみました。


秀丸用howmマクロVer0.2

<11/12 追記>
#↑のマクロはバグがあって、howmフォルダの下に年度や月のフォルダがないと
#エラーがでます。そのうち直します・・・すみません。

<11/14 追記>
#↑のバグを修正しました。修正済みファイルと差し替えました。

<11/22 追記>
#Ver.0.3をリリースしました。 >>> こちらをご覧ください

続きを読む
posted by Mr.M at 22:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | LifeHack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

(10+2)*5 という仕事法を実践

これはアメリカなどで少し話題になっているようですが、仕事の生産性を上げ
るための方法です。
まず、10分仕事をします。そしてそこですぱっと仕事を止めて、2分休憩しま
す。好きなWebサイトを見ましょう。
そして、2分経ったらまた10分の仕事をします。
これを5回繰り返すと、丁度1時間になるわけですが、
1時間中、50分働いて10分休憩した計算になります。
試してみると分かりますが、この方法は非常に仕事がはかどります。
しかしその反面、体は結構疲れます。(あたりまえ)

それでは私のやり方を紹介しましょう。
続きを読む
posted by Mr.M at 12:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | LifeHack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SL-C1000にpdaXromを入れてbitWarpでネット接続する方法

C1000にpdaXromを入れている人がまだ少ないからかもしれませんが、
bitWarp接続するための情報がありません。
私も一昨日から悩みはじめて、今日成功したので手順を書いておきます。

ここからrootfs-slc860-20031107.tar.bz2をダウンロード
・authdrvを取り出し、バイナリエディタで開く
・/proc/deviceinfo/ → /home/root/dvinf/ と変更
・↑のauthdrvを、/usr/sbin/ にコピー
・#echo SL-C860 > /home/root/dvinf/product
・System Tools->PPP ModemでbitWarpという名前で接続情報を作成

  Phone: 0570570100##64
  Device: /dev/ttyS3
  Init String: AT&F&C1&D2&K3&S0E0#A1

・#authdrv ttyS3 debug call bitWarp を数回実行

これで接続できます。
SL-C860に偽装して接続してるイメージです。
posted by Mr.M at 00:40| Comment(0) | TrackBack(3) | Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

PDFを何で読むか --Foxit PDF Reader のすすめ--

foxit_ok.jpg

最近はPDFで文書を公開しているのをよく見るようになってきました。
見る人の環境に依存しないし、プリントアウトしても殆ど文書作成者のイメー
ジ通りの出力ができるしと、便利な技術だと思います。
ただ、Adobe社が提供しているAdobeReaderは起動にとても時間がかかるので、
「メールに添付されているPDFを確認したい」というような場合には、
かなりストレスが溜まってしまいます。

こんなストレスを解消するには、軽いPDFリーダーを使えば良いのです。
私が気に入って使っているものは「Foxit PDF Reader」です。
ここで入手できます。



AdobeReaderを使う方が良い場合
・巨大なファイルサイズのPDFを開く場合(数百MB)
・印刷する場合

Foxit PDF Readerを使う方が良い場合
・100MB以下のPDFを閲覧する場合
posted by Mr.M at 10:10| Comment(0) | TrackBack(1) | LifeHack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

お久しぶりです

みなさん、お久しぶりです。
以前はてなで公開していたblogは、当初限られた友人に対して発信していたのですが、
だんだんと読んでくださる方も増え、趣旨と内容があまりに内輪で独りよがりなものに思えてきました。
今後はここから不特定多数の方が読まれることを意識して、情報発信してみたいと思います。
それではよろしくお願いします。
posted by Mr.M at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。