2005年11月10日

秀丸でメモ取り環境『howm』を使う

☆Ver0.5をリリースしました。(2005/12/01)こちらをご覧ください>>>秀丸用howmマクロ Ver.0.5

Windowsユーザーにとってhowmをどのエディタで使うかは悩ましい問題です。
正当派な人はMeadow+howmでしょう。
ちょっと気が弱い人はxyzzy+howmかもしれません。
ちょい不良オヤジはvi+howmでしょうか。

私はMeadow+howmで使っていました。しかし、Meadowを標準エディタとして使っていた
わけではなかったのです。
理由はなんといっても、その重さ。
ちょっとしたテキストを書くのにMeadowを立ち上げるのはとても億劫になります。
しかしながら、howmは使い慣れるとどうしても手放せなくなるので、仕方なく
Meadowを使っていました。(起動しっぱなしで)

ところで、howmは使ったことのある人ならほとんどの人が賞賛するようですが、
まわりのWindowsユーザーを見渡したところ、howmを知っている人は皆無です。
これほど素晴らしいメモ取り環境の認知度がこれほど低いのは、emacsのマクロとして
動作するという宿命によるものでしょう。

そこで、一般的なWindowsユーザーが最も多く利用しているであろう、「秀丸」のマクロ
として提供すれば、大勢の人が便利に使えるのではないか?それよりも、私自身がとても
幸せになれるのではないか?と考えて秀丸マクロhowmを作ってみました。


秀丸用howmマクロVer0.2

<11/12 追記>
#↑のマクロはバグがあって、howmフォルダの下に年度や月のフォルダがないと
#エラーがでます。そのうち直します・・・すみません。

<11/14 追記>
#↑のバグを修正しました。修正済みファイルと差し替えました。

<11/22 追記>
#Ver.0.3をリリースしました。 >>> こちらをご覧ください

秀丸とemacsは根本的に全く違うエディタなので、howmのそっくりなクローンを作ることは
もちろん無理です。
そこで私が目指したのは次のポイントです。

・今まで書きためたhowmのメモが検索できて、普通に新規メモが取れること
・今後画期的なhowmクローンが出現したり、Meadowが革命的に早くなった場合を想定して、
 howmの書式はそのまま踏襲すること。(つまり秀丸howmを使ってできあがったメモファイル
 は本家howmと全く同様であること)
・メモ新規作成時に煩わしい「名前を付けて保存」をしなくて済むこと(当然)


<出来ること>
・メモの新規作成
・同一ファイル内複数メモ
・正規表現による検索
・メモ一覧表示
・メモ一覧からメモへジャンプ

<便利な使い方>
私はこんな風に使ってます。
・Shift+Ctrl+h にhowm.macを割当て
・新規作成なら、Shift+Ctrl+h c
・一覧表示なら、Shift+Ctrl+h a
・検索なら、Shift+Ctrl+h,s
・一覧からのジャンプは、Shift+Ctrl+h j

慣れれば、本家のCtrl+c ,,aなんかよりも速いです。

メモを取るのは、秀丸howmマクロでがしがし取って、後でじっくり読み直すときは、
Meadowやxyzzyを使うという使い方もありだと思います。


<TODO>

・選択した文字列での検索
・魔法
・WikiNameによるファイル作成
・リンク
・メニュー画面
・パラメータのINIファイル化
・検索結果メモの結合


<howmを知らない方へ>
howmについては、googleれば一発で情報が得られますので、
ここでは、howmファイルの基本文法だけを説明しておきます。
メモを新規作成すると次のようなテンプレートが表示されます。
このテンプレートは、「使わなければならない」ということは
ありませんが、使った方がhowmの機能をフル活用できます。


|~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~|
|= |
|[2005-11-10 15:00] |
| |
| |
| |
| |
| |
| |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1行目の=の後ろにはメモのタイトルを書きます。
書かなくても構いませんが、後でメモを探すことを考えると書いた方が良いでしょう。
メモ一覧表示でもタイトルを列挙していきますので、タイトルがないと、
何のメモかが分かりません。(本家howmだとプレビュー機能があるので問題ないのですが・・・)

2行目には、自動的に新規メモを作った日時が記録されます。
3行目以降はフリーですので、好きにメモを書いてください。
特別な書式はありません。(本家howmだと魔法が使えたりするのですが・・・)

Meadowの導入が億劫であれば、xyzzyでhowmを使ってみると分かりやすいと思います。
そしてhowmの魅力にとりつかれると、秀丸マクロでhowmが使えるのが嬉しく感じると思います;;;


<秀丸マクロマスターの方へ>
今回私は秀丸でhowmを使いたい余り、始めての秀丸マクロに手を出してしまいました。
どなたか、興味を持たれた方は一緒にhowmマクロを作りませんか?
よろしくお願いします。
posted by Mr.M at 22:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | LifeHack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うほっ。これいいですね。
前からhowmは知っていましたし、いつかマクロを作ってやろうと思ってましたが、先を越されてなんか得した(!?)気分です。
自分もちょっとはマクロを知っていますので、できる範囲でお手伝いさせていただきます。

というか、ちょっとバグ(?)取り。
Ver 0.5の315行目と318行目を
runsync2 ”cmd.exe /C mkdir \”” + $dir_year + ”\””;
のようにディレクトリに空白があってもいいようにしました。(「”」は半角に変更してください)
ご参考まで。
では。
Posted by たけとり at 2005年12月07日 22:19
たけとりさん、バグとりありがとうございます!
確かにパス中のスペースは落とし穴ですよね。
次のバージョンアップでぜひ取り込ませていただきます。
私のような若輩者では限界がありますので、ちょっとしたバグ修正でもとてもありがたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by Mr.M at 2005年12月08日 02:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。