2009年12月06日

ビデオデータのバックアップ環境

10日前に子どもが生まれました。それを想定して、9月にビデオカメラ(HDR-CX500V)を購入していたのですが、このビデオカメラはメモリに記録するタイプで、テープ保存するわけにはいきません。したがってハードディスクかDVDかブルーレイに保存するしかないのですが、ブルーレイなんてもっていません。そこで以下の保存環境を構築することにしました。
  1. 大容量(1TB以上)のハードディスクを2つ用意する
  2. ビデオに撮ったデータは用意した2つのハードディスクに同じものをそれぞれコピーしておく
  3. 実家に送る用にDVDを作成したら、必ず同時に自宅用の複製DVDを作成する

ハードディスクは、AmazonでI-O DATAの「HDC2-U2.0」を購入しました。Amazonが一番安くておすすめです。

この製品はRaid0、Raid1、マルチモードの3通りの構成が可能なのですが、そもそもビデオデータのバックアップ用に購入したわけなので、マルチモードでディスクが2本あるように見えるモードを選択しました。そしてこの2本のディスクをそれぞれXドライブとYドライブとしました。

この二つのドライブはフォルダ同期ソフトなどで定期的に手動で同期します。

そして、私の購入したビデオカメラはハイビジョン対応で、録画形式もHD画質ならAVCHDという形式で録画されるのですが、我が家にブルーレイの再生環境がない、テレビも未だにブラウン管、実家も当然ブルーレイなんて見れない、という点から敢えてSD画質で録画しています。

当然アクティブ手ぶれ補正などの最新機能はSD画質にしても使えますので、なんの問題もありません。

そして嬉しいことに、このビデオカメラはSD画質にするとバッテリの持ちが良くなります。

購入時にヨドバシカメラの店員さんに「SD画質で撮影してもバッテリの持ちは同じですか?」と質問したら、半分馬鹿にしたように「なりません!」ときっぱり言ってたのに。なんだか勝った気分です。

というわけで、同じような環境作りに悩んでいる方は、こちらを買ってみてはいかがでしょうか?
posted by Mr.M at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | LifeHack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: